分譲物件と仲介物件に分けられます

マンションはいろいろなものが販売されていますが、大きく分けると分譲物件と仲介物件の二つに分けられます。マンションを購入するときには、この違いについて把握しておく必要があります。
分譲物件とは、マンションを販売している不動産会社から直接購入する方法を指します。新築物件を購入するときにはたいていこの形式をとることになります。
そのメリットは仲介手数料が必要ないということです。
デメリットもあって、たいていは新築のときにとられる形態ですが、まだ完成していない状態で購入しなければならないために、完成図を想像するだけで購入しなければならないというデメリットがあります。
完成してから、実は想像していたものと違ったということもありえることです。
仲介物件とは、売り手から購入するのですが、基本的には中古物件の購入のときに使われます。不動産会社が物件を探してくれたり契約の手続きをしてくれたりしますし、いろいろな相談にも乗ってくれます。
その代わりに仲介手数料を支払わなければならないというデメリットがあります。
その金額は上限が法律によって定められていますから法外な金額になることはありませんが、やはりそれでも費用が増えますから、この点はデメリットだと考えておく必要があります。
予算計画を立てるときには、この費用についてもきちんと把握しておかなければならないのです。
分譲物件も仲介物件もそれぞれ特徴がありますから、必要に応じて使い分けるべきです。

  賃貸住宅奮闘記 All Rights Reserved.